京都のインプラント歯科を比較!

インプラント治療でオススメの京都の歯科クリニック

  • ランキング京都のインプラント歯科クリニックBEST5
  • 歯科一覧京都のインプラント歯科クリニック一覧
  • 費用インプラントにかかる費用と医療費控除について
  • Q&Aインプラントのよくある疑問にお答えします
  • 京都の名医ナビ技術・経験・実績にすぐれた京都のインプラント名医

インプラントは誰でも受けられる?

インプラント治療は誰でも受けられるというわけではありません。実は、糖尿病や肝疾患、心臓病などの持病を持っている方は、治療を受けられないことがあるのです。

なぜこれらの持病を持っているとインプラント治療が受けられないのか、その理由についてまとめました。

インプラントを受けられない人

未成年者

まだ顎が成長過程であるため、未成年はインプラントを受けることができません。

「永久歯が生えそろっていれば、大丈夫なのでは?」と思われるかもしれませが、実は人の顎の骨は永久歯が生えそろったあとも継続して成長し続けています。インプラントは顎の骨にインプラント体(=人口の歯根)を埋め込む治療のため、治療後に顎の骨が成長するとしっかりとインプラントが固定できなくなってしまうのです。

ただ、これは飲酒や喫煙のように「未成年は絶対にNG」と法律で定められたルールではありません。もし自分が未成年でインプラント治療をしたいと考えている場合は、顎の骨の成長が止まっているのかどうか、1度医師に確認してもらいましょう。

高齢者の方

ひとつの目安として、70才を超える高齢者の方はインプラントを受けられない可能性が高くなります。というのも、インプラントはある程度体に負担がかかる治療法ですが、高齢の方になるとこの負担に耐えきれない可能性があるからです。また、体の負担だけでなく認知症などで知能や注意力、理解力といった能力に低下が見えられた場合も治療を受けられない可能性があります。

ただ、「高齢者=インプラントNG」というわけではありません。検査の結果、体力的にも精神的にも施術に耐えられると判断された場合はインプラントを受けることが可能です。この点に関しては、1度医師に相談してみましょう。

骨粗鬆症の方

骨粗鬆症とは、閉経後の女性に多い骨がもろくなる病気です。この病気になると全身の骨がもろくなってしまい施術に耐えられない可能性が高くなるだけでなく、治療に使われる「ビスフォスフォネート剤」やその注射を使用している人は、外科手術をすると骨が死んでしまう恐れがあるので気をつけてください。この薬は骨粗鬆によって骨が溶けてもろくなるのを予防する一方、骨が再生、治癒する働きも妨げてしまいます。

腎臓に病気のある方

症状の軽い病気であれば特に気にする必要はありませんが、腎不全などが原因で人工透析治療を受けるほど重症化している場合は注意が必要です。透析を受けている方は骨がもろくなっているだけでなく、傷が治りにくかったり、血が止まりにくかったりと、全身の免疫力が低下しているからです。

がん治療をおこなっている方

がんの治療には薬剤や放射線が使われますが、放射線には骨の治癒力を低下させる働きがあるため注意が必要です。

血液疾患のある方

血友病など、血液系の疾患がある人は基本的外科手術ができません。インプラントは外科手術をする治療法なので、もし現在血液疾患の診断が下っていない場合でも、血が止まりにくいなど気になる症状があるようでしたら、1度血液検査をしてみてください。

麻酔・薬剤アレルギーの方

麻酔や薬剤に関して何らかのアレルギー反応を持っている方はインプラント治療が受けられないことがあります。もちろん、手術前には問診や検査をおこないますが、アレルギーに関して何か気になることがあれば事前に相談しておきましょう。

歯ぎしりのクセがある方

寝ているときに歯ぎしりをしたり、普段の生活の中でよく歯を食いしばったりするクセのある方は注意が必要です。というのも、天然の歯の場合は歯を強く噛み合わせても負荷は綺麗に分散できるのですが、インプラントでつくった歯はそこまで上手に負荷を分散できないからです。そのため、歯を強く噛み合わすクセのある人は顎の骨やその周辺の組織を痛めてしまう可能性で出てきます。ただ、こうしたクセがあった場合でもマウスピース型の「ナイトガード」と呼ばれる器具を利用すれば、インプラントを受けることが可能です。

参考:(PDF)平成25年3月「歯科インプラント治療指針」厚生労働省 日本歯科医学会編

糖尿病

免疫機能が低下しやすいため、糖尿病はインプラントを受けられないことが多いです。免疫が落ちると傷の治りも遅くなってしまうので、手術が必要なインプラント治療は受けられないのです。しかし、インスリン注射などで血糖コントロールを行っている場合は、インプラント治療を行うことができるケースが多いので、糖尿病だからインプラントを受けられないというわけではありません。自分の症状をしっかりと主治医に相談し、インプラント治療をすべきか決めていきましょう。

骨の量が足りない

インプラントは、顎骨にネジを埋め込んで歯の被せ物をネジの上に装着する方法です。ですから、顎骨の量が少ないとネジを固定することが難しいため、インプラントを受けられないことが多いです。

骨の量を増やす、骨誘導再生法(患者さん自身の骨移植や人工骨を移植する方法)やCGF再生療法(人の血液から骨の再生治療を行う方法)など、方法はいくつかあるのですが、通常のインプラントの治療期間よりも半年から1年以上長くなってしまうので、身体的・精神的にも大きな負担がかかります。

歯周病

歯周病になっている人は、まず歯周病治療が最優先になります。そして、治療後にインプラントを受ける流れになります。これは、歯周病治療を受けずにインプラントの治療を行ってしまうと、手術中に何らかの病気に感染してしまうリスクがあるからです。また、歯周病の人は、インプラントが長持ちしないと言われています。

定期的にメンテナンスへ通えない

「インプラント周囲炎」という歯周病に似た症状が起こるか可能性があるので、インプラントの最終治療が終わっても、定期的なメンテナンスは必要です。こちらも、歯周病同様にインプラントが長持ちしないと言われています。

肝疾患

重度の肝疾患の場合、血が止まらない可能性があるため、インプラントを受けられないことが多いです。インプラント治療は必ず出血を伴うため、止血が追い付かない可能性があるからです。 肝疾患がどのレベルなのか、インプラント治療を検討する際は必ず主治医に相談してください。

心疾患

心疾患を患っていたり、心筋梗塞の経験がある人やペースメーカーを利用している人は、病院から血液を滞りなく巡らせるための薬が処方されていることが多いです。この薬によって肝疾患を患っている方と同じように止血がしづらくなることもあるのでインプラント治療ができないことがあります。ただし、心疾患と言っても症状が軽度の場合は、インプラント治療が可能になることもあるので、まずは、主治医に確認をしてみましょう。

持病とインプラント治療が関係する理由

インプラントは、持病によって受けられる・受けられないが決まります。持病があるからと言って、すべての方がインプラントを受けられないというわけではないのです。病気の症状やレベルによっては治療を受けられるケースもありますが、免疫力が低下している場合や骨自体がインプラント治療に耐えられないと判断された場合は残念ながら、インプラント治療を受けることはできません。

「持病があるけどインプラントを受けたい」と思っている方は、まずかかりつけの担当医とインプラントを受けようと思っている歯科の両方に相談して、判断を仰いでください。

インプラント名医図鑑in京都あなたがインプラント歯科クリニックを選ぶ基準は何ですか?インプラントで失敗したくない方はこちらをどうぞ
コンテンツ一覧
京都のインプラント歯科を比較!