京都のインプラント歯科を比較!

インプラント治療でオススメの京都の歯科クリニック

  • ランキング京都のインプラント歯科クリニックBEST5
  • 歯科一覧京都のインプラント歯科クリニック一覧
  • 費用インプラントにかかる費用と医療費控除について
  • Q&Aインプラントのよくある疑問にお答えします
  • 京都の名医ナビ技術・経験・実績にすぐれた京都のインプラント名医

妊娠中のインプラント治療について

妊娠中にもインプラント治療は受けられる?

妊娠中は、市販薬が飲めなくなったりレントゲン検査を安易に受けられなくなったりと、妊娠前は普通にできていたことが、妊娠をきっかけにできなくなることがあります。
では、妊娠中のインプラント治療は問題ないのでしょうか?
インプラント治療というのは、歯が無い部位の顎の骨にインプラントを埋め込み、義歯を付ける治療方法のことですが、最近では若い人でもインプラント治療をしている人が増えてきています。
産前休暇を使ってインプラント治療をしようと考えている人も多いようですが、本当に問題ないのでしょうか?
また、違ったケースにはなりますが、インプラント治療中に妊娠が発覚した…というケースもあります。
今回は、インプラント治療が胎児に与える影響についてご紹介します。

妊娠中のインプラント治療はあまりおすすめできない

妊娠初期や中期など関係なく、妊娠中のインプラント治療はオススメできません。インプラント治療をする前にはレントゲン撮影をすることがほとんどだからです。歯科やクリニックによって、レントゲンを撮らなくても良いケースもあるようですが、ほとんどの治療の場合に行なわれます。
レントゲン撮影は、胎児に少なからず悪影響を及ぼすと言われているので、妊娠中のレントゲン撮影はしない方が良いとされているのです。
また、つわりで気持ちが悪くなって身体に負担がかかったり、大きくなったお腹が圧迫して気分が悪くなったりするケースもあります。
その他にも大量出血による早産の誘発や、抗生物質や鎮痛剤などの薬の服用などもリスクとして考えられるのでご紹介します。

妊娠中のインプラント治療のリスクとは?

前述したように、インプラント治療を行なう前のレントゲン撮影や、つわりによる体調不良などもリスクとして考えられることです。
また、インプラント治療は歯肉を切り開いて行なわれるので、大量に出血を伴います。大量に出血をしてしまうと、早産を誘発してしまう可能性があるので大変危険です。一般的な虫歯の治療であれば、妊娠中でも問題はないのですが、インプラント治療はこのようなリスクも考えなければならないのです。
また、麻酔をしたり術後の炎症や化膿を防ぐための抗生物質や痛み止めの鎮痛剤など、様々な薬を飲まなければならないので、母乳汚染が起こる可能性も考えられます。
母乳で育てたいと考えている方は、産後すぐにインプラント治療をするのではなく、さまざまなリスクも考えて、卒乳してから治療をすることをオススメします。

インプラント治療中に妊娠がわかったら?

インプラント治療中に妊娠がわかるケースも実際にあります。基本的には妊娠中のインプラント治療はオススメできないのですが、抜けてしまった歯や治療中の歯をそのままにしておくと、余計に悪化してしまう可能性もあるので治療をすることが望ましいです。
インプラント治療中に妊娠がわかった場合は、すぐに主治医の歯科医に相談すること。
抜けた歯の代わりに部分入れ歯を入れたり、仮歯を装着するなどの応急処置をしてもらえます。きちんと処置をしてもらうことで、歯列の乱れを防ぐことができるので、出産後のインプラント治療をスムーズに行なうことができます。
インプラント治療も大事ですが、何より赤ちゃんが最優先。妊娠がわかったときはまず赤ちゃんのことを第一に考えて主治医に相談することが大切です。

インプラント名医図鑑in京都あなたがインプラント歯科クリニックを選ぶ基準は何ですか?インプラントで失敗したくない方はこちらをどうぞ
コンテンツ一覧
京都のインプラント歯科を比較!