京都のインプラント歯科を比較!

インプラント治療でオススメの京都の歯科クリニック

  • ランキング京都のインプラント歯科クリニックBEST5
  • 歯科一覧京都のインプラント歯科クリニック一覧
  • 費用インプラントにかかる費用と医療費控除について
  • Q&Aインプラントのよくある疑問にお答えします
  • 京都の名医ナビ技術・経験・実績にすぐれた京都のインプラント名医

インプラント治療ってどれくらい痛いの?

見た目も噛み心地も自分の歯と変わらないインプラントは、第二永久歯とも呼ばれ、最近では広く普及しつつあります。

歯を失ってしまった人にとっては、とても頼もしい存在となるインプラントですが、外科的な手術が必要なこともあり、今一歩治療に踏み出せない人もたくさんいます。そこでここでは、インプラント治療に伴う痛みについて解説します。

インプラント手術前に行う麻酔について

インプラント治療は外科的な手術が必要なので、「全身麻酔が必要なのでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、インプラント手術の前に行う麻酔は、通常の歯科治療と同様に基本的には局所麻酔です。

局所麻酔ならば経験したことのある人も多いはずです。はじめは少しチクっと(上手い先生ならばそれすら感じませんが……)することはありますが、治療中はほとんど痛みを感じなくする作用があるのが局所麻酔です。

しかし、局所麻酔は、痛みを軽減する効果はありますが、患者さんの意識はそのまま残ってしまいます。インプラント手術では、歯茎を切開してあごの骨に穴を開けるという通常の歯科治療にはない大掛かりな工程があるので、手術中に意識が残ったままだと不安を感じる人もたくさんいます。

そこで活用されるのが、「静脈内鎮静法」と呼ばれる方法です。この静脈内鎮静法は、点滴によって直接体内に麻酔薬や鎮静剤を投与する方法です。痛みを和らげる効果はありませんが、患者さんの不安を取り除きリラックスさせる効果が期待できます。

全身麻酔のように意識を失うことはありませんが、眠たくなるような感覚があり、医師による呼びかけにはなんとか答えることができるくらいの意識レベルにすることが可能です。実際に静脈内鎮静法を行ってからインプラント手術をした人の中には「いつのまにか手術が終わっていた」とか「眠ってしまって起きたら手術が終わっていた」というような人もたくさんいます。

このように、インプラント手術では、局所麻酔と静脈内鎮静法が使用されるのが一般的です。インプラント手術に関して不安感の強い人や痛いのが苦手な人は、静脈内鎮静法を導入している歯医者さんでの治療をおすすめします。

【参考】

インプラント手術中の痛みは?

前述したように、インプラント手術の際には局部麻酔を行うので、痛みを感じることはほとんどありません。万が一、麻酔の効きが弱く痛みを感じるようなときには、医師に言えばすぐに麻酔を追加してくれるので安心です。

それでも不安だという人は、医師に相談して静脈内鎮静法を使用することで、手術そのものへの不安を解消することも可能です。

インプラント手術後の痛み

インプラント手術後1日~2日はくらいは、痛みや腫れといった症状が現れることもありますが、手術後に処方される痛み止めを服用すれば我慢できないほどの痛みではありません。

手術後に感じる痛みの程度には個人差があるようですが、ほとんどの人は抜歯する頃には痛みを感じなくなっているようです。

京都のインプラント歯科を比較!