京都のインプラント歯科を比較!

インプラント治療でオススメの京都の歯科クリニック

  • ランキング京都のインプラント歯科クリニックBEST5
  • 歯科一覧京都のインプラント歯科クリニック一覧
  • 費用インプラントにかかる費用と医療費控除について
  • Q&Aインプラントのよくある疑問にお答えします
  • 京都の名医ナビ技術・経験・実績にすぐれた京都のインプラント名医

インプラントで金属アレルギーは起きない?

インプラント治療には金属部品が使用されています。それがきっかけで金属アレルギーになる人はいるのでしょうか?また、金属アレルギーになった時の対策法やならないための事前準備についてまとめました。

インプラントには金属が使われている?

インプラントには、金属が使われています。具体的には、歯の歯根の役割を担う部品(フィクスチャー)・人工歯を取り付ける部品(アバットメント) などに使用されています。しかし、金属が使われているからと言って、すべての金属アレルギーの人に対して「インプラントが受けられない」というわけではありません。

インプラント治療に用いられているインプラント体の金属は、 医療用の純チタンというものを使用しています。純チタンの特徴は、空気に触れると酸化チタンの膜ができ、金属イオンが溶け出さないということです。つまり、インプラントに使われている金属は、アレルギーを起こしにくいという事です。しかし、いくら医療用の金属だからと言って、100%の人に金属アレルギーが起こらないわけではありません。

金属アレルギーが起こる仕組み

人間の体には「免疫機能」というものがあります。この免疫機能が外敵から私たちの体を守ってくれているのですが、何らかの理由で金属イオンが体内に溶け出し、体内のタンパク質と金属が結合すると、体の免疫機能が働き始めます。

この場合、「金属」に対して免疫機能が過剰に働いたことにより、金属アレルギーを引き起こしてしまうのです。通常、体内に取り込まれた異物(今回の場合は金属)は排泄物として体の外に排出されるのですが、汗などを通して金属を体外に排出しようとした場合には、皮膚に炎症を起こすこともあります。つまり、どういう理由で金属アレルギーになるのか、人によって違うという事です。

金属アレルギーが出てしまった場合

実際、インプラント治療が原因で金属アレルギーが出てしまった場合、どのような症状が起こるのかまとめました。

手足の発疹

インプラントが原因の金属アレルギー=口の中に症状が起こるというイメージがありますが、実は口の中だけではありません。金属アレルギーを発症して、手足に丘疹と呼ばれる発疹が出ることがあります。丘疹の主な症状は、赤く膨らんで中に水が溜まることです。

蚊アレルギーの人やとびひの症状が出ている人は、同じような症状が起きます。かゆみがとても強く、治療法としては抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤などを服用します。しかし、インプラントが原因で丘疹になった場合、インプラントを取り外せば、ほとんどの人が完治します。

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)

扁平苔癬とは粘膜に慢性的に炎症が起こる状態です。この炎症が口の中で起こると、口腔扁平苔癬と呼ばれます。口の中でも主に頬の粘膜にできることが多く、白斑や赤みが出るのが特徴です。また、触ると痛かったり、食べ物や飲み物を飲みこむとしみることもあります。ひどい場合は、出血することもあります。

主な原因はインプラントをはじめとする口の中の金属(入れ歯や銀歯なども含まれます)から引き起こされる金属アレルギーです。他にも、ストレスや遺伝的な物も関係していると言われています。うがい薬やステロイド、抗生物質入りの軟膏などが処方されますが、完治までに時間がかかります。 対処法としては、インプラントを外す、銀歯をセラミックに変えることで改善されることがあります。

金属アレルギーにならないための事前準備

インプラント治療を受ける前は、金属アレルギー検査(パッチテスト)を受けましょう。一般的に銀や鉄などの16種類の金属を調べることができます。金属アレルギー検査の中でパッチテストは、最もポピュラーで、信頼性の高い検査法なので、「ピアスをしたら耳が赤くなる・かゆくなる」「指輪を付けると赤くなる・発疹ができる」など、気になる症状がある場合は、まず金属アレルギー検査を受けてみましょう。

インプラント名医図鑑in京都あなたがインプラント歯科クリニックを選ぶ基準は何ですか?インプラントで失敗したくない方はこちらをどうぞ
コンテンツ一覧
京都のインプラント歯科を比較!