京都のインプラント歯科を比較!

インプラント治療でオススメの京都の歯科クリニック

  • ランキング京都のインプラント歯科クリニックBEST5
  • 歯科一覧京都のインプラント歯科クリニック一覧
  • 費用インプラントにかかる費用と医療費控除について
  • Q&Aインプラントのよくある疑問にお答えします
  • 京都の名医ナビ技術・経験・実績にすぐれた京都のインプラント名医

インプラントと差し歯の違いとは?

インプラントと差し歯は同じではない

インプラントと差し歯は、本来あるはずのない部分に歯を蘇らせることができるという類似点から、多くの人に混同されてしまいがちですが、実はまったく異なる治療法です。

ここでは、よく誤解されがちなインプラントと差し歯の違いについて、それぞれの治療方法やメリット・デメリットを交えながら説明していきます。

差し歯の治療方法とは

差し歯は、歯の根っこの部分にプラスチックや金属の土台を入れて被せモノをする治療であり、クラウンの一種になります。歯の上部を虫歯などで失ってしまったとしても、根っこの部分が土台を入れられる状態であれば治療を受けることが可能です。

しかし、歯の根っこまで完全に失われてしまった場合には、差し歯を入れることはできません。名前の通り差し込むので「差し歯」と言われているのですね。

保険が適用されるということもあり、主に前歯を失ってしまった場合に広く採用されてきた差し歯治療ですが、欠点の多い治療法でもあるため、現在ではあまり採用されなくなり、新しい治療方法に取って代わられつつあります。

差し歯のメリット・デメリット

差し歯は、虫歯が神経まで達してしまい歯根しか残っていないような場合であっても、根っこの部分が差し場の土台となりうる状態であれば治療が可能という点が大きなメリットです。自分の歯である歯根膜を残すことができるので、装着感も自然ですし、食事や発声も違和感なく行うことが可能です。また、保険が適用されるので安価に治療が行えるという点も差し歯のメリットの一つです。

しかし、差し歯治療は審美面において若干問題が出てきます。保険適用による治療を受けた場合には、年数の経過によって差し歯の表面に黄ばみが現れたり、歯茎の際が黒ずんできたりする場合があります。

その他にも、再治療を受けるたびに歯を削る必要があるので、将来的に歯を失う可能性が高いという点や、根管治療で神経を取っている部分の差し歯の場合は土台部分が非常にもろくなってしまっているため、歯根破折が起こりやすいという点、土台に金属をしている場合には金属アレルギーの心配があるという点も差し歯のデメリット面です。

インプラントの治療方法とは

差し歯が歯の根っこが残っていないと治療することができないのに対して、インプラントは歯が完全に失われた部分に対して行われる治療です。

チタン製のネジのようなもの(インプラント体)を顎の骨に直接埋め込み、その部分を人工の歯の根とすることで土台と歯冠部分を取り付けていく治療方法です。治療中に、顎の骨にインプラント体を埋め込むという工程があるので、差し歯と混同されてしまうことが多いようです。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療の最大のメリットは「他の歯に影響を与えることがほとんどない」という点です。歯を失ってしまった部分にインプラント体を埋め込み人工の歯を装着するので、隣合う歯を痛めてしまう心配がほとんどありません。

顎の骨に埋め込まれるチタン製のインプラント体も、人体との親和性に優れている素材なので、安全性にも優れた治療法であります。また、審美面においても、天然の歯と比較しても遜色の無い美しい仕上がりになります。

インプラント治療のデメリット面は、外科的な治療が必要となる方法なので、糖尿病、心血管系疾患、高血圧といった持病がある人は治療を受けることができないという点です。さらに、インプラント治療は、ごく一部の例をのぞいて自費診療となってしまうので、高額な治療が必要となる点も大きなデメリットになります。

インプラント1本あたりの費用の相場は、およそ30万円~45万円といわれているので、保険適用となる差し歯治療と比較するとかなり高額となってしまいます。また、治療期間も差し歯治療に比べて長い期間が必要になります。

【参考】

インプラント名医図鑑in京都あなたがインプラント歯科クリニックを選ぶ基準は何ですか?インプラントで失敗したくない方はこちらをどうぞ
コンテンツ一覧
京都のインプラント歯科を比較!