医療法人社団英友会古原歯科医院

医療法人社団英友会古原歯科医院

古原歯科医院
所在地 京都府京都市山科区音羽役出町1-28
最寄駅 (地下鉄東西線「東野駅」より徒歩10分、またはJR琵琶湖線・京阪京津線・地下鉄東西線「山科駅」より徒歩15分)
診療時間 平日9:00~12:30/14:30~18:30、土9:00~12:30/13:30~17:00
休診日 木・日祝
治療の種類 GBR、ソケットリフト、サイナスリフト、仮骨延長など
費用目安 インプラント・1本350,000円
ドクター ●院長 古原 英男歯科医師
(歯学博士、日本口腔インプラント学会専門医、日本顎咬合学会会員)

日本口腔インプラント学会の専門医による治療

医療法人社団英友会古原歯科医院は、また施術するクリニックも少なった1980年代からインプラント治療を手がけてきました。インプラントは患者1人ひとりによって症状はもちろん、あごの骨の厚さや幅、そして硬さなどもまちまちであるため、歯科医師に高い技量の求められ塁「治療法です。

古原歯科医院の古原英男院長は、日本口腔インプラント学会の専門医。施文的な知識や技術を持ちあわせているのみならず、これまでに数多くの症例を処置してきた、実績・経験ともに豊富な歯科医師です。ですから、患者それぞれにもっとも適した治療法を提案し、適切な処置を施すことができる名医の1人だといえます。

インプラント困難なケースの治療にも対応

あごの骨の量が少なかったり、幅が足りなかったりすると、そのままではインプラントを施術することができない場合があります。そうしたケースでも、古原歯科医院ではソケットリフト、サイナスリフト、GBRなどの治療が可能なので、インプラントを施術することができます。また、自己血由来のPRP(多血小板血漿)やCGF(成長因子)、HAやβ-TCPなどの処置にも対応。より効果的に骨増殖治療を進められるのも、古原歯科医院の特徴だといえるでしょう。

使用しているインプラントブランドは、スイス製のストローマンシステム、スウェーデン製のアストラテックシステム、同じくスウェーデン製のブロネマルクシステム、そしてともに日本製のPOIシステムとマイティスシステムです。それぞれのインプラントブランドごとに特徴があるので、患者は機能や予算などのニーズにあわせ、もっとも適したインプラントを選択することができます。

インプラント治療のおもな流れ

カウンセリング→診断→内科検診→CTスキャンをはじめとした各種精密検査→インプラント埋入手術→インプラントとあごの骨が結合するのを待つ(数か月)→上部構造の装着→家庭でのケアの指導→定期メンテナンス。

なお、手術時の痛みにかんしては、各種の局所麻酔法を組みあわせつつ鎮静法も併用して、可能な限り痛みをともなわないよう配慮しています。

医療法人社団英友会古原歯科医院のインプラント治療料金は?

  • インプラント/1本350,000円

医療法人社団英友会古原歯科医院のインプラント治療の口コミ評判は?

  • 親切な歯医者でアフターケアも完ぺき
    歯を抜いてもらいましたが、まったく痛みはありませんでした。すごく親切な歯医者さんだったし、治療後のことも話してもらえて、アフターケアも完ぺきだと思いました。【年齢・性別非公表】
  • 歯を抜いたときの痛みや腫れがない
    こちらで親知らずを抜いたとき痛みと腫れを覚悟しましたが、びっくりするほど痛みも腫れもありませんでした。古原先生は親知らずのスペシャリストです。【年齢・性別非公表】

ここなら安心!京都のインプラントクリニック5選

インプラント名医図鑑in京都あなたがインプラント歯科クリニックを選ぶ基準は何ですか?インプラントで失敗したくない方はこちらをどうぞ
コンテンツ一覧
京都のインプラント歯科を比較!