京都のインプラント歯科を比較!

インプラント治療でオススメの京都の歯科クリニック

  • ランキング京都のインプラント歯科クリニックBEST5
  • 歯科一覧京都のインプラント歯科クリニック一覧
  • 費用インプラントにかかる費用と医療費控除について
  • Q&Aインプラントのよくある疑問にお答えします
  • 京都の名医ナビ技術・経験・実績にすぐれた京都のインプラント名医

京都の治療費相場

インプラント治療にかかる費用と、京都府のインプラント治療の相場について、詳しく説明しています。

京都のインプラント治療費は1本35万~40万円程度

歯の治療

インプラント治療は、ある意味オーダーメイドの治療なので、実際のところは、医師に診てもらわないと、正確な金額はわかりません。

ただ、基本となるのは、歯根の部分を埋め込む手術代と、その上に被せる上部構造(被せ物)をつくる費用です。ここを、カウンセリング時にきちんと確認しないと、安いと思っても手術代のみだったり、被せ物のみの価格だったりする可能性があるので注意しましょう。

治療費を明確にしている京都府のインプラント治療クリニックだけで計算してみると、京都のインプラントの相場は、1本あたり、およそ35万~40万円程度となっています。

手術以外の費用もチェック!京都のインプラント相場

金額を内訳まで明確にしているクリニックでなければ、費用には何が含まれているのか確認してください。

たとえば、インプラント1本あたりの金額が10万円代のクリニックもあっても、使用するインプラントの種類や手術法が限定されていることがあります。それが自分にちゃんと適応するかも確認しなくてはいけません。

手術の際にも、無痛治療など、単なる局所麻酔を使わない場合も費用が同じなのかなど、把握しておく必要があります。選択肢によって、どの程度金額に差があるのかも、念の為確認するほうがいいでしょう。

安心、安全というのが、何を置いても大事なこと
その上で、不安を感じない・信頼できるなど、自分にとって優先順位の高いものを考えながら、クリニックを選ぶのが良いでしょう。

歯は一生付き合っていくものですから、金額だけに振り回されてはいけません。保証内容やアフターケアにどれだけ力を入れているかも確認すべきポイントです。
インプラント治療クリニックは、長く付き合っていけるか?という目で選ぶべきだと思います。

インプラントの一般的な費用相場内訳を解説

莫大な費用を必要とするインプラント治療ですが、治療費の内訳は、インプラント自体にかかる費用と手術費用に大別されます。以下で詳しく説明します。

インプラント自体にかかる費用:7〜20万円

インプラントには、以下三つのパーツが必要とされ、それぞれに費用が発生します。(保険は適用されません。)

  • 顎の骨に埋め込む「インプラント体」
  • 失ってしまった歯の代替品となる「上部構造」
  • インプラント体と上部構造を接続するための「アバットメント」

国産より海外産の方が割高

インプラント体に必要な費用は国産と海外産で大きな違いがあり、国産の場合は相場がおよそ5万円から10万円ですが、海外産の場合は10万円から15万円ほど請求されることになります。

国産の方が安いことに驚く方もいるかもしれませんが、これは日本がインプラント技術の歴史が浅いのが大きな理由です。インプラントは日本に入ってきてまだ日が浅い技術。

安上がりで日本の発展途上ながら徹底した品質管理を信じるか、それとも少々お高くついても海外産の成熟した技術によって生み出されたものを選ぶかは悩みどころです。

1ピースタイプより2ピースタイプの方が割高

1ピースタイプはアバットメントがインプラント体と一つになっているので、比較的安めです。その一方で2ピースタイプの場合は1ピースタイプと比較して割高になってしまう傾向にあるようです。

1ピースタイプであれば2万円から4万円が追加で必要となり、2ピースタイプであれば3万円から5万円が追加で請求されることになります。

手術にかかる費用:10〜38万円

インプラント治療で最もお金がかかる点がこちら、手術費用です。一度でおおよそ10万円から38万円必要となります。他の歯科治療と比較すると抜きんでて高額であることがうかがえます。では、何故これほどまでに費用がかさんでしまうのでしょうか。

理由1.保険適用外の治療であるため

1つめの理由として、インプラント治療が厚生労働省の認可が下りていない自由診療である点が挙げられます。これは簡単に言えば、インプラント治療は保険の適用外である治療法ということなのです。

国民健康保険を利用した保険診療であれば、おおよそ7割から9割ほど利用料が安くなることを考えれば、自由診療であるだけでいかほど料金が跳ね上がっているかよくご理解頂けると思います。

自由診療の場合、クリニックごとに独自の値段設定が可能です。優秀な技術を持った医師や優れた設備を備えているクリニックであれば、値段が少々お高めでも十分に利用者は満足して頂けると考え、高額にしている場合があります。

逆に言えば、値段が控えめの場所はそうでもしなければ利用してもらえないクリニックである可能性があります。もちろん、安くても万全な状態で施術を受けることの出来るクリニックはあるでしょうし、高くていい加減なクリニックが存在しないとも言い切れません。

決して安くない買い物であると同時に、身体のパーツを補うための大事な手術でもあるので、施術してもらうクリニックは前評判などであらかじめ調査しておくことを推奨します。

理由2.大量の使い捨て用品を使用するため

インプラント治療においては、雑菌が患部に入らないようにするため、そして一人ひとりにあわせた治療を行うために、大量の使い捨て用品を使用します。その点も高額になってしまう大きな原因になっています。

一般的な歯科医療では、そこまで使い捨て用品を要するような施術はないので、歯科医療の中でインプラントだけが突出して高額になってしまっているのです。

>>インプラントの種類についての解説はこちら

インプラントのメンテナンス費用の相場を解説

インプラントは設置した後のメンテナンスでも別途に費用が必要となります。もちろん、メンテナンスでも保険は一切きかないので、自由診療となります。

定期的なチェックにかかる費用:5,000〜10,000円

内容はインプラントによる炎症や不具合が口内に起きていないかどうかのチェック、噛み合わせの確認、歯間の丁寧な掃除などがメインとなり、おおよそ一度に5,000円から10,000円ほどかかるようです。

ただし、クリニック次第では2万円ほど必要となったり、別途レントゲンで2,000円から7,000円ほど請求されることもあるようです。

メンテナンス費用の内訳についても手術したクリニックに尋ねれば教えてもらえることなので、心配な方は手術を受ける前に必ずメンテナンスの際にかかる費用の見積もりをお願いしておきましょう。

定期的なメンテナンスが保証を受けるための条件

インプラントのメンテナンスは健康維持の為に推奨されていることですが、費用面でもメリットがあります。

インプラント治療には10年保証が付属してくるクリニックが多く、それらの保証を受けるための条件が定期的にメンテナンスとして来院することなのです。

10年保証の内容はさまざまですが、例えばもしも施術から10年以内にインプラントした歯が砕けてしまったりした場合には、半額でインプラント治療を再び受けることが出来るといった保証などがあります。

仮に一定期間内に通院を行わなかった場合には、こちらの保証は無効となってしまうようなので、「もしも」のことに備えて必ず定期的に通院してください。

>>インプラントのメンテナンスについての解説はこちら

インプラントのオーバーホールの費用相場を解説

オーバーホールとは、インプラントを一度外して普段は手が届かずに洗浄することの難しい箇所を綺麗に掃除する処置のことを指します。クリニックによって変動しますが、相場はおよそ1万円から3万円程度が一般的なようです。

インプラント治療は全て入れてしまえば終了…とはいかないもの。

インプラントは歯根部と歯の部分をつなぎ合わせるためにネジで固定されているのですが、定期的なチェックを怠ってしまうと緩んで抜けてしまう恐れがあります。

せっかく高いお金を出して受けた治療なのですから、長く丈夫に保っていきたいものですよね。そのためにも一定期間経過したらオーバーホールを実施する必要が出てくるのです。

オーバーホールの頻度の目安は1〜2年に1回ほど、最低でも5年に1回は行ったほうが良いと言われています。オーバーホールの費用も保険適用外となり、決して安い費用とは言えませんので、必要経費として頭に入れておくと良いでしょう。

>>インプラントのオーバーホールについての解説はこちら

一般的にインプラントはローンを組んで支払える

このように、インプラントに係る費用は決して安いものではありません。少しでも負担を軽くしたい方は、ローンを組んで少しずつ支払うといいでしょう。

ただし、全てのクリニックでローンを扱っているわけではありませんので、注意してください。もしもローンによる支払いを希望されているのであれば、ホームページで確認するだけでなく、必ずクリニックに足を運んで直接訪ねるようにしましょう。

京都のインプラント歯科を比較!